s_エントリーシート用_PS

 

 

 

 

 

 

今回は ES とか履歴書の書き方について話したいと思います。

今までは作り方でした。

今度は書き方についてお話したいと思います。

書き方ってそんな重要なの?

と思われる方もいるかと思います。

けど実際かなり重要だと思います。

なぜか?

そりゃあ細かい文字でずらーっと書かれるよりも、
コンパクトにポイントだけ太字であとは小さい文字、みたいな書き方をしてくれた方が見やすいですよね?

それと一緒で相当書き方というのは重要です。

じゃあどのような書き方が良いか?

少し考えて見てください。

いま自分だったらどのように書くのか。

色々あると思います。

これだけ言っても、普通に文字をたくさん書いた方が良いっしょ、とか思う人もいれば

全部濃く書いて色とかたくさんつけたら分かりやすいんじゃね?とか

箇条書きでしか書かない、とか

本当色々あると思います。

じゃあ答えは?

というと、まぁどれも正解でどれも間違いです。

いやいや意味わかんないでしょって思う人もいると思います。

まぁでも実際そうなんです。

要は内定もらっちゃえばそのES が正解です。

ちなみに上記の方法は自分自身と友達の経験で実際に内定をもらったことがあるES 達の例ですww

でもその中でもやっぱり内定をもらいやすいだろうなぁっていうES の書き方はあります。

今回はそれについて話したいと思います。

まず分かりやすいES の書き方としての条件があります。

それは
・結論が数秒で分かる。
という一点だと思ってます。

恐らく面接にもよりますが、ES なんてほとんどその場で読みます。

その中でインパクトのある結論だと大体質問責めにあって、それに上手く対処できれば内定もらえます。

そんな流れです。

まぁもちろん面接が進むにつれてじっくり読まれて深い質問もされたりするわけですが、
それはES がしっかりかけてれば問題ないはずです。

要は重要なことは、いかに短い時間ES の内容を伝えるか?

その一点です。

そして次に重要なのは、

結論に対して何をしてきたか?

それだけです。

まとめると、一番重要なのは

・結論を分かりやすく伝える。

次に重要なのは

・結論に対して何をしてきたか?を伝える。

その2点です。

まぁ好みによっては、

・結論を分かりやすく伝える。

という事だけでも構いません。

とにかく結論を分かりやすく伝えるという事を重視してください。

じゃあ分かりやすく伝えるってどういう基準で?と思うと思います。

それは

一文で伝えられる。

という事です。

まぁ一行でも良いですね。

とにかくすぐに伝わるか。

ただそれだけです。

ES や履歴書を手書きで書く際には意識して見てください。

比べてみれば反応の違いに驚くはずです。