s_豆知識_文字入り

 

 

 

 

 

 

今回は就活中の息抜きについて真面目に語ります笑

何気に息抜きというのはとても大事です。

なぜか?

それは就活がとてもストレスの溜まるものだからです。

たとえば面接に落ちたり、凄い就活生に会ってあせったり、なかなかES が出来なかったりと色々あります。

その中でも息抜きというのはとても大切になります。

もし息抜きをしないと、

大学やめたくなったり、

とりあえず大学院行こうかなとか

資格取ろうかなとか

なんであの時勉強して良い大学いかなかったんだろうとか

本当色々なことを思います。

そうならないためにも、息抜きというのは必要です。

ではどのような息抜きが良いか?

その息抜きの方法には2つあります。

ちなみに、その息抜きは数ある息抜きの中でも私が一番有意義に時間を使えて就活にも役に立つような息抜きだと思ってるものです。

まず1点目は、誰かと飲んだり、誰かとご飯を食べることです。

ここで重要なのが、人と話す、という事に重きを置いていることであることです。

人と遊ぶというのはあまりオススメしません。

確かにストレスは発散されるかもしれませんが、人と話すという事の方がストレス発散+話す事への慣れや練習になります。

だからこそ人と話すという息抜きが重要になります。

カラオケやボーリング、ビリヤード、映画は確かに人と遊んでいて楽しいかもしれませんが、
前述した理由から飲んだりご飯食べたりという事をオススメします。

次に2点目が運動です。

なぜ運動なのか?

これは面接という場において、非常に効果を発揮します。

面接というものははっきり言って印象勝負です。

確かにルックスの良し悪しで印象も決まるかもしれませんが、

それ以上に印象を決めるのが雰囲気だったりオーラです。

これは難しいかもしれませんが、簡単です。

たとえば貧弱な若者と、ガタイの良い若者が居るとします。

どちらが元気に見えるか?

そりゃあガタイの良い若者です。

この時点で、既にガタイが良い方が良いので運動した方が良いですよね。

実際、運動すれば顔色も良くなりますし、心理学的にも運動をすると積極的で前向きな心を持つ事が容易になるとの実験結果もあります。

ちなみにこれは男に限った事ではありません。

CA に内定した女の子が言っていたのですが、その子はお風呂では湯船にしっかり浸かって汗を流して、
お風呂のあとはストレッチ、そして軽い運動も休日はしていたそうです。

そうすると化粧ノリが良くなるので、絶対印象は良くなる!と言っていました。

確かにその子は、何か人を元気にするオーラがある子で特におしゃべりとか明るいとか
そういった要素が強いわけではないんですが、なぜかその子といると元気をもらえます。

運動とかが絶対的な理由というわけではないと思いますが、少なくともお風呂やストレッチ、
軽い運動という行動は少しは関係あると思っています。

息抜きというのも就活という軸で考えると、非常に考えるべき良い点となります。

これは私が実際自分で経験したことや、今まで後輩を教えてきた中で培ってきた経験だからこそ言えると思っています。

みなさんも意識して頂ければと思います。