s_豆知識_文字入り

 

 

 

 

 

 

今回は、この時期に陥りやすい、というかいつの時期でも陥りやすいことについて話していきます。

陥りやすいっていうのは恐らく本人は指摘しても気付かないぐらいのことです。

けど後々になって後悔するんじゃないかなぁって思います。

その手の後輩を何人か見てきたので。

じゃあそれは何か?

それは参加病です。
この参加病は本当に厄介で厄介で仕方ありません。
なかなか自分だけでは気づきませんからね。

参加病とは何か?
参加病……説明会やセミナーに参加している自分が頑張っていると思ってしまい、
本当にやるべきSPI やES 作りなどを疎かにしてしまう事。

そう、これは結構な人が陥っているんじゃないかって思うぐらいの絶望的な病気です。

これは慢性化するととんでもないことになります。

というか多分失敗する就活生のほとんどがこれにかかってるんじゃないかな?と思います。

私の友達に聞いた成功している人たちはこれに驚くほどかかってません。

聞いてみると、常に今の自分の立ち位置とか、次は何するかだとかそういったことを考えて行動していました。

一番びっくりしたのは、現状と今後と過去全てを統括して今自分が就活に向けて何をすべきか?

という事について考えたらノート20 冊になった、といっていた友人がいましたww

まぁ結構真面目だったしそりゃそうかって思いましたが、さすがに20 冊はやりすぎなんじゃね?って思いましたww

ちなみにそいつはNHK、三井物産、電通などなど様々な大手から内定をもらっていましたww

まぁ20 冊書けばいきそうだよねってちょっとだけ思いましたww

とまぁ、話を戻しますが、結構この病気は陥ります。

じゃあどのようにしたら防げるか?

それはちゃんと長い目でスケジュールを立てることです。

はっきりいってスケジュールが適当に抽象的にしか決まってないから迷うんです。

まず最初はSPI とES 作りだけで良いです。

これは間違いないです。

だからといって信じろ、なんて事は言いません。

どの道就活が始まったあたりで気付きます。
すぐ最初の方でSPI とES 作りやっておけばよかった。と。

意味の無い説明会やセミナーに行かなければ良かった。と。

選考に関係ない説明会やセミナーや業界によっては完全に無視して良い場合があります。

凄く簡単な例でいうと

銀行→比較的重要
IT→関係ない

こんな感じです。

これも様々な業界に挑戦してたからこそです。

今参加病かも…。と思う人は、ただちに今自分が何をしたら良いか考えて下さい。

無駄な時間は就活では命取りとなります。